ホーム 刃物・砥石 店主の言葉 関刃物センター案内 Photo Gallery
刃物について
低価格品
見た感じは刃物ですが、あっという間に切れ止み、研ぎ直しが不能です。
全部鋼(全鋼といいます)で作られています。
一般価格
利器材で作成、鋼と地金の2枚合わせた(複合材ともいいます)材料にて研ぎ直し可能です
高価格品
付け鋼(着鋼)といって鉄を熱し鋼を鍛説(日本古来からの製法)し刃物に仕上げます。昔は手打ちと言い今は鍛造とも言います。手間暇かけた品物ですから高価になり、プロが使う物とお考え下さい。いずれにしろ材料と作る職人さんの腕により違いがあります。
未使用包丁と研いだ後の包丁の写真 国産品は価格は高めですが、古くなるほど切れ味が増し、砥石で研いで何十年も使用することができます。
写真右側の包丁は、左側の包丁と同じものですが、ここまで研いでも切れ味バツグンまだ使えます。
リストボタン砥石について
Copyright © 2011 SEKI HAMONO CENTER All Rights Reserved