ホーム 刃物・砥石 店主の言葉 関刃物センター案内 Photo Gallery
刃物業界の皆様へ
ナイフや包丁での事件があった際、「販売禁止」などの報道についてマスコミ3社から取材がありました。その時、私は使用される側の問題と返答しました。もっと多くの人を傷つける物が沢山有ります。
私共の仕事は、人間の生活条件で石器時代より受け継がれた基本的必要不可欠な道具の一つです。もっと自信を持ちましょう。
私共は次世代に安心して国産刃物の生産流通を伝える努力をして来たのでしょうか?時代の流れは素直に受け止めます。しかし消費者の皆様へ日本製か外国製か判断してお買い上げ頂く努力をしましたか?
国産刃物造りの為そして孫、子の代まで伝承するには、とりあえず製造元、販売元を明記するルール化が大前提と考えます。
若い方々に業界に入って頂き安心してバトンタッチが出来る様にすることが私ども刃物業界人の大事な仕事と確信します。
当方では発売元明記の品でもこれは外国製と説明した上でお買い上げ頂いています。日本の刃物文化を残す為です。
「日本産の刃物は一番切れ味がよく、砥石で研げば切れ味はよみがえり、年が経つほど研ぎ易くなり、切れ味が増す。」と外国の要人も納得されます。これが日本製の刃物が世界に誇れる原点です。
Copyright © 2011 SEKI HAMONO CENTER All Rights Reserved